院長プロフィール

塚田友樹(つかだともき)

幼少期の頃から重症のアトピー性皮膚炎、生まれつきの目の病気、網膜色素変性症を患う。
様々な治療を施すが改善はすることなく、10代後半にほぼ視力を失う。またアトピーも増悪と緩解を繰り返す。
20代で東洋医学に出会う。アトピーが劇的に改善、20年以上使用していたステロイドも徐々にその量が減っていった。東洋医学の未知なる可能性に気が付くきっかけとなる。
また、視力を失い、その人生を受け入れて後に幸福感、充実感を得る経験をしたことで病とは何なのか、治るとは何なのかという医療の根本的な問題に向き合うきっかけとなる。
2008年 鍼灸師国家資格取得
2014年 一般社団法人北辰会に入会
藤本蓮風先生はじめ、多くの難病治療と向き合う先生に出会い感銘を受ける。
東洋医学、東洋思想を学ぶに従い、追い求めていた医療がここにあることを確信。
中国、日本の伝統医学を学び東洋医学臨床家としての道を歩み始める。
EPSホールディングス株式会社で企業内理療師として勤務し、社員の健康管理を経験。ビジネスパーソンが抱える様々な健康面の問題にも、治未病をはじめ東洋医学が有効であることを実感。
都内を中心に往診、レンタルサロンでの診療を行い、ここでも様々な病苦と向き合う方と出会い、東洋医学の有効性、可能性を学ぶ。
2020年11月 独立開業し、「とも鍼治療室」を開設。
病は必ず克服できるをモットーに理想の医療を日々追求している。
治療室運営の他、一般の方向けに東洋医学セミナーの開催や、オンラインでの動画配信、医大の東洋医学クラブでの講義、医療関係者などが集うオンラインコミニティーでの講演をするなど、東洋医学の魅力や可能性を発信している。
所属団体:一般社団法人北辰会会員 日本伝統鍼灸学会 広報部委員